画像の説明
ぱー
waimai
RisuPon
ぽ
メイ
あやちゃん

背の高いイケメンと付き合いたい

11:43 中央線快速 高尾行き

電車内にて とある女子大生の会話録

 

 

「電車の吊革調節できるといいよね」

「は?なんで?」

「いや、だってさ、吊革持つと腕曲がるじゃん?そんで電車の揺れで、ほら!腕揺れるやん!見て!これ!ほら!」

「めっちゃ揺れてっし!うける!」

 

「それより今着てるシャツの色違い欲しい」

「いや実際そればっか着てんね」

「マジ宝物!毎日着たいわ~」

「買った店に電話しなよ~ワンチャン色違い作ってくれるんじゃね?」

「いや買った場所忘れたしノーチャン」

 

「あー背の高いイケメンと付き合いたい」

「ハードル高くね?」

「いや、背の高いイケメンなら何でも許せるって!」

「まじ?ていうか誰でもいいから彼氏ほしーー!」

「いやそれな」

 

「てかさ○○って筋肉すごいよね」

「わかる、おいしそう」

「いやそれな!食べたくはないけど」

「人間の肉食べてみたいな」

「まじかよ」

「あんたもおいしそう」

「いや、待って!うち脂肪の塊だし!うまくないから!絶対まずい!マジ!食わないで!」

「あーーなんか、想像したら無理だわ、やっぱ無理」

「っしょ!あ〜よかった!久々に鳥肌立ったんですけど」

 

 

彼女たちはただひたすらに自由だった

ただ欲のままに言葉を発し

起承転結なんてないその先の先

私が求めてる自由は彼女たちにあった

最高だよあんたら!