画像の説明
ぱー
waimai
RisuPon
ぽ
メイ
あやちゃん

答辞

今晩は。
月曜担当でした、レイトーコです。
ご無沙汰しております。

私は先日、武蔵野美術大学を卒業した為、それに伴いこのゴールデン・レコードも卒業となります。
卒制提出あたりからすっかり表現の手が止まってしまいましたが、本日は大学生にとっての節目として最後に記事を残そうとここに戻ってきた次第です。

とは言っても、なかなか此れと言って話題にあげる事柄もないものですね。
卒制は無事にある程度の言い切りもでき、基礎デザイン学科賞をいただいたので、学業に於いての悔いは概ね無いという感想です。細かいことを言えば幾らかはあります。でも今は振り返らなくていいことだとも思います。

学業以外でのことといえば何でしょうか。サークルとか、友人のことでしょうか。
私は1-2年の頃に芸術祭実行委員の執行部に入って最後の年は部長も一応やってましたけど、特に目立ちもしない日蔭部署ですし頑張って何かに貢献したとかもないです。
ただ一つ特筆すべき事項は、ここに入ったから大学で親友と呼べる人に出会えたのでとりあえず入って良かったということです。
友達といえば、私は空デから基礎デに転科をしましたが、私は基礎デで友人が何人かできました。空デは大きなグループワークで揉めてそのまま転科に至ったので、その反省を活かして基礎デでは穏やかにいようという方針に転換したことが吉と出たのかもしれません。執行部でできた友人以外に初めて大学の友人と遊びに出かけたのは3年生5月のことでした。
4年間通して派手な遊び方はしませんでしたが、大学で知り合った友人たちにはそれなりに楽しい思いや刺激をもらっていました。

こう振り返るとなんて変哲のない学生生活だったのだろうと我ながら思いますが、これでもそれなりに楽しかったものです。

最後になりますが、私の学生生活にゴールデン・レコードという大きな差し色を与えてくれた、管理人の鮃ちゃんへ。
昨年夏、鳥貴族でお酒を呑みながら話していた情景を今も思い出せます。

ゴールデン・レコードというものをやっているけど何か書いてほしいんだ。

と聞いた時、私に声をかけてくれたことと、鮃ちゃんのこの取り組みの美しさに刺激を受けたことをこの先も忘れません。
私は文章が好きだけど、今まで不特定多数の人に向けて文を書いたことがなかったので、定期的に書けなかったことも含め至らないところもあったけど、私に書く場所を与えてくれてありがとう。
このホーッとあたたかい、この世に存在するようなしないような、不思議な親指のゴールデン・レコードという場に来れて、本当によかった。

さて、2019年3月31日も残すところあと1分となってしまったな。

皆さま、またいつの日か、またどこかで。

 

何処かの誰かへ
愛を込めて

2019.3.31 (Sun)
レイトーコ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。