画像の説明
ぱー
waimai
RisuPon
ぽ
メイ
あやちゃん

雪が降ったら雪だるまをつくるというところに、人間がまだ大丈夫なところが残っている 猛威の中でふざけていよう 遊べるもので遊ぼう 冬眠すればいいのに わざわざこんな季節に 押し黙って悲しみにくれればいい 震え怯えていればいい 快活に駆け回るでもなく 閉じこもるでもなく 外に出て何やら球体をふたつ重ねてご満悦の生き物 ぼくたちはそうやって隅々で遊んで何かを越えようと何かと向き合おうとしているんだろうか そんなわけない 一生懸命になるべく綺麗に整えられた丸を見る 本当にそこには何の意味もなくてただ遊べるもので遊んだだけで、でもそれが、それ自体が本当に生きるということな気がする ような気がしないでもないね 何人も殺してきた真っ白を丸めて可愛らしいオブジェクトを構成する 吸い込んだ空気がこの季節はどの季節よりも無関係でそれ以外は別にいい 俺は冬眠でもよかったけど などとかっこつけていられるのもぼくが雪だるまをとんとこしらえてないせいなのかもしれない 生活も夢も未来も凍結した世界の上を軽やかに転んではくれずに 重々しく寒々しくずっとそこらにある だから などと因果関係を持とうとするのは寂しいんでしょうか なのでだからではないことにします 雪解けを待たずに行きたい 春が来る前に 体を起こして遠くを見て温かいお湯を飲んだ