画像の説明
ぱー
waimai
RisuPon
ぽ
メイ
あやちゃん

スマホなくてつらい

最近ついてない。

 

いや正確に言えば、ものすごくついてない一週間があって、今はその燃え残りを吸っている。あの一週間はすごかった。本当に落ち込んだし、瞬間瞬間では自分を世界一不幸な人間とも思った。

まず車道ですっ転んでしまった。転ぶってあんなにショックなのか。突然他の人みたいな力が身体に働いてガクンと視界が地に落ちて、気づいたらコンクリートに膝をついていた。血は出ていないけれど、リアルな痛さに頬をぶたれた気分だった。大人になってから全然転ばなくなったから余計ショックだった。恥ずかしくて腹が立った。でも何に怒ることができよう、私は自分の足に足を絡ませて一人で転んだのだった。

そして転んだ衝撃でポケットに入れたスマホが車道に転がり、車にひかれてめちゃめちゃになった。目の前でひかれたのを目撃したのでさらに辛い。救出したけれどすでに亡骸で、simカードも内部で折れ、画面は粉々になって、ホームボタンは取れてしまった。見るに耐えない。人は傷つけられた事実と、視覚的な傷によって傷つくということを思い出す。二週間ぐらい悲しい思いをする。

それからドライヤーも突然壊れるとか、送ったはずのプレゼントが届かないとか、アップルショップに5時間並んで挙句ゲットできなかったりとか、simの審査に落ちまくるとか、ライブストリーミングで精神が分裂しお風呂に入れないぐらい病んだりしたとか、がありましたが、でもまあこれは大したことないな。

やはり確実にダメージを食らったのはスマホなしの生活だった(だった、などと過去形で書いているが今現在手元にスマホはありません)。ネットにアクセスできないのよりも、連絡したいときに連絡できないストレスが大きかった。家にいる時だけメールチェックができる他は、直接会うしか何かを伝達するすべがない。みんなほとんどLINEだからインターネットが使えてもほぼ連絡ができなくて困ったし、なんていうか一時期スマホなし生活に憧れたこともあったけれど、今の生活には必要不可欠なものだなと思った。あとTwitterのアカウント持っていて助かったな。他のデバイスからアクセスできる場所を持っておくといざという時安心できる。

明日スマホが届くらしい。すごくウキウキしている。踊り出してしまいそうだ。すでに買っておいたスマホカバーをやっとかけることができる。起動したらまずラインをインストールしよう。そしたら新しくアカウントを作って、グループラインに招待してもらうんだ。もう公衆電話を使わなくてもいいし、昼間に外でインターネットもできる。ああなんて最高の世界だ。明日はきっとバラ色の土曜日。

 

 

2019.10.04 uo