画像の説明
ぱー
waimai
RisuPon
ぽ
メイ
あやちゃん

ブログと日記帳

あと四ヶ月もしないうちに、このゴールデンレコードともおさらばなので次の移住先を考えている。新しくドメインを借りようか、タンブラーでもいいかな。何にせよ今年が終わる前に引越し先を決めるつもりだった。

昨日、髪を切りに行ったついでに、駅前の本屋で小さな日記帳を買った。手のひらに収まる小ささで、とても軽くて、表紙に「2020diary」と金の判が押してある。これは来年の鍵付きの部屋だ。誰かを意識した途端に、命みたいなものが蒸発してしまう種類の出来事のための。

_

好きなブロガーが、良かった本の概要をざっと並べてオススメしてたので、興味が湧いてアマゾンで買った。本は次の日に届いて読んだのだけど、要点をもう知っているので理解が深まっただけで、あまり楽しくない読書だった。それよりだったら、本屋でイントロ書いしたサミュエルベケットの「名付けられないもの」の方がよっぽど楽しかった(非生産的で麻痺った文章だった)。オススメされると手に取る気が失せるというある人の言葉が少し分かったような気がする。私にもオススメ欲があるけれど、上手に勧めるのって本当はとても難しいのかもしれない。そして楽しく本を読むためにも、「絶対外したくない、星3.5以上の本しか読まない」って気持ちを捨てた方がいいかもな。

 

(短〜)

 

 

uo 2019.12.15